スロージューサーでキウイを皮まで摂取

MENU

キウイがクレンズダイエットに最適?

近年の健康志向に合わせて定番化してきたのが、ジューサーやミキサーなどのキッチン家具です。
このサイトでも特集しているクレンズダイエットでも使うことのできるキッチン用品は重宝するんです。
家庭で野菜や果物を使い、簡単に100%フレッシュジュースを作れるところが魅力です。そんな中注目されているのがスロージューサーです。低速ジューサーとも呼ばれており、刃を使わず、スクリューがゆっくり回転することで食材を圧縮し、すりつぶしながらジュースにする製品です。キッチン用品としてだけではなく、低速ジューサーを使った専門店も増えています。これには、通常のジューサーにはないポイントがあるからです。
スロージューサーが一般的なジューサーよりも優れている最初の点は、低速で絞った方が栄養豊富なジュースを作ることができるという点です。一般的なジューサーは、刃が1分間に8000〜15000回転することで野菜や果物を粉砕します。これに対してスロージューサーは石臼のようなスクリューが1分間に30〜45回なので、かなりゆっくり回転することになります。そのため空気が入り込むことがなくなり食品が酸化しにくくなるので、栄養素が豊富に含まれたジュースを作ることができるのです。ゆっくりした動きで摩擦熱が発生しない為、酵素を壊すこともなくなります。動きがゆっくりしているため、動作音が小さいことも嬉しいポイントです。次に、葉野菜もジュースにできるというメリットもあります。一般的なジューサーに葉野菜を入れると、上部で浮いてしまいます。低速ジューサーならすりつぶしてジュースにするため、ホウレン草や小松菜などの野菜も絞ることができるのです。更に、手入れがしやすいと言うポイントもあります。刃が付いていないのでパーツを安全に洗うことができます。スクリューやドラムキャップは、水洗いだけでも十分綺麗になります。
スロージューサーを使うときは、野菜や果物の効能を知っていると自分に不足している栄養素を効果的に摂りいれることができます。例えばキウイを使うと、食物繊維とビタミンCを豊富に摂ることができます。またキウイにはタンパク質を分解してくれるアクチニジンという分解酵素も含まれているので、効率よくタンパク質を筋肉にすることができます。筋トレをしているときや、肉を食べたときなどにおすすめです。また、他の果物と同じく、キウイも皮に多くの栄養素を含んでいます。キウイの皮には毛が生えているため、そのまま食べるのは難しいですが、スロージューサーなら簡単に食べることができます。そのままでは食べにくいものを食べやすくしてくれるのも、嬉しい特権と言えるでしょう。
キウイは栄養価が高いだけではなくカリウムなども配合されているので、デトックスとしてクレンズダイエットの
素材食品としてもおすすめできるんですよ!